映画/美容ライター此花さくやのコノ話

大好きな映画・美容・ファッション・プライベートで感じるコトを綴っていきます。

訓練された猫じゃない。映画『ボブという名の猫』インタビューこぼれ話

 こんにちは。ただいま公開中の映画『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』、もう観ましたか? 8月上旬にジャパンプレミアで来日したボブと原作者のジェームズ・ボーエンさんにインタビューをしたこぼれ話を今日はシェアしたいと思います。

f:id:sakuyakonohana-sk:20170905173359j:plain

(C) 2016 STREET CAT FILM DISTRIBUTION LIMITED ALL RIGHTS RESERVED.

 

特別な飛行機で来日したボブ!

 私がボブとジェームズさんに会ったとき、まず聞いたのは飛行機の旅について。普段なら「日本の印象は?」とか「日本はどうですか?」なんてありきたりの質問をしないようにしているのだけど、ジェームズさんの2冊目の著書『ボブがくれた世界 ぼくらの小さな冒険』では、オーストラリアに住む母を訪ねたときに狭い飛行機のせいでジェームズさんは血栓にかかってしまった辛い経験を書いているから心配だったんです。(このとき、ボブはロンドンでお留守番)

www.amazon.co.jp

 ジェームズさんによると、ペットが貨物室に入れられる通常とは違う方法で旅をしたらしい。ほっ。私はペットを飛行機に乗せたことがないけれど、貨物室の空調がよくなくて病気になったり死んだりするペットがいるらしいもの。

 

ハイタッチする人を選ぶボブ

 さて、ジェームズさんの本を2冊読むまで、性格の悪い私は「ハイタッチを訓練された猫なんじゃないの~?」なんて疑っていました。しかし、そうじゃないことが分かりました。ボブ、一匹の猫として主張がはっきりしています。とっても猫らしく訓練された猫では断じてありません。

 まず、編集者さんがボブとハイタッチしようとしたのだけれど、編集者さんが上げた手のひらをじーって見つめてハイタッチしないし……(笑)。ところがジェームズさんとはハイタッチ! やっぱりジェームズさんだけが特別なんですねぇ。

 しかも、ジェームズさんの著作には「ボブはプレゼントをもらうのが好きだ。プレゼントの包み紙で遊ぶのが好きだから」といった記述があったので、私もボブに好かれようとプレゼントを持参したんです。

 でも、ボブはまったくプレゼントの包み紙に興味を示さず…笑。ソファで疲れたようにまどろむ姿は時差ぼけのよう。そりゃそうよね、人間だって飛行機は疲れる。

 そんなボブの自然体を見ていると、「へー、フツーの猫ちゃんだ!」と思ったのですが、驚いたのは写真撮影のとき。

 

カメラ目線を送るボブ

 インタビューや撮影に興味はなさそうでしたが、ジェームズが声をかけるとちゃーんとカメラ目線を送るんです! いやいや、これにはびっくりしました。猫や子供ってずーっと動いているので写真を撮るのが難しくないですか? なのにボブは写真撮影の意味を理解しているようなんです。

 疲れているのにしぶしぶとカメラ目線を送るなんて、もうその姿にきゅんきゅんしちゃいました! 愛想をふりまかないけれどキメるときはキメるなんて、男前すぎる!

 

謙虚なジェームズさん

 確かにいままでインタビューさせていただいた著名人のなかで謙虚じゃない人っていませんでしたが、ジェームズさんはなかでも本当に素の人。場をリラックスさせる天性の素をもった方でした。

 なかでも印象的だったのが、ホームレスになった理由を誰のせいにもしていないこと。でもね、書著に書かれているのですが、親が離婚をしてオーストラリアに連れて行かれて各地を転々とし、色々な精神病だと診断されて様々な薬物治療をされた少年時代を考えると、そういった経験が彼のなかでの疎外感や人間不信を助長してホームレスになった一因だとも思えるのです。

 なのに、「人に助けを求められない傲慢な自分の性格がホームレスになった理由なのかもしれない」と言うんですよね。陥ってしまった状況は誰のせいでもない、自分の責任だと。ホームレスになる前はインディーバンドで頑張っていたんですよ。彼がホームレスやヘロイン中毒になってしまった詳しい経緯は聞きませんでしたが、自分の過去を振り返り反省し、いま置かれている幸せに感謝している謙虚なジェームズさんの姿勢に感銘をうけました。いまは作家以外にも慈善家として活動しているとか。

 

 よかったらインタビューの詳細は女子SPA!の記事を読んでくださいね。

joshi-spa.jp

 とにかく、著書にも映画にも感動しました! 安っぽいラブシーンなんかもないし、とてもよい映画でしたよ。

bobthecat.jp

 あぁ~、もっとボブと触れ合いたかったなぁ~。ボブとジェームズさんの物語りはアニメ化するという噂も。また来日してね~。

石鹸嫌いだった私が「へたらない」洗顔石鹸を見つけたって話。

こんにちは! 皆さんは洗顔石鹸派? それともチューブ派?

f:id:sakuyakonohana-sk:20170830113606j:plain

f:id:sakuyakonohana-sk:20170825065153j:plain

実は私、アロマセラピーにハマって、自分で石鹸からファンデまでつくっていた時期があった。

でも、子供ができてスキンケアをつくる手間ひまと掃除する時間を考えると、「やっぱ買ったほうがいい」という結論に至り。

 

昔は界面活性剤が嫌で洗顔石鹸を使っていたんだけれど、石鹸って浴室においておくとへたってやわらかくなり石鹸カスがソープディッシュにつくのが嫌じゃない?

 

私は超モノグサなのでその掃除がなによりも嫌いだった! なのでチューブに入った洗顔料を使っていたのですが、先日MAMEWの洗顔石鹸「ディープシーソルト」を使ってみたら、1ヶ月ほど使っても全然やわらかくならず石鹸カスがほぼ出ない!

 

へたって泡立ちがなくなり石鹸カスがウザすぎるという点が、石鹸の最大の欠点だと思うけれど、この石鹸はなかなかへたらないし、多少へたってきても泡立ちがいい。もちろん数ヶ月使うと泡立ちも少し減ってくるらしいのだが、通常の石鹸よりもずいぶんとモチがよいとのこと。結構サイズも大きく↓(80g)、半年ほどもつそう。

f:id:sakuyakonohana-sk:20170825065758j:plain

石鹸カス嫌いな人は、泡立ちネットに包んでそのまま浴室に置いとくだけでもいいと思う。

え? 私? 泡立ちネットを使うのも面倒くさいので、手で泡立ててる笑。

それでもかなり泡立つよー。洗い上がりはさっぱりしているのに乾燥しないので、お風呂で全身に使っちゃう。

 

無香料で完全無添加なのでデリケートなお肌のかたにもあうんじゃないかな。

海洋深層塩も入っているのですっきりと汚れが落ちるんだと思う。

 

石鹸嫌いの人もよかったら参考にしてみてください。

mamew.jp

 

 

 

 

 

 

暴食で肌が荒れたときに「FEELCYCLE」と「こっきんマッサージ」が効いたって話。

こんにちは! 先日、「此花さんの食事には、たんぱく質が足りない」とトレーナーに指摘され、チーズやサラミを間食として食べていたら、脂質が高すぎたせいか、ぶつぶつ&ごわごわくすんだ肌になってしまった……。

 

これじゃいかん!と思って始めたのが、「FEELCYCLE」と「こっきんマッサージ」。「FEELCYCLE」は説明するまでもないと思うのだが、ハイテンションのクラブみたいな環境でぐわーっとバイクをこぐやつ。

www.youtube.com

なぜこれが肌によいと思うかというと、滝のように汗をかくから。ホットヨガと同じくらい汗をかくのに、カロリー消費もほかの有酸素と比べてもかなりありそう。しかも、毎時間プログラムがあるので、急な取材などで予定がなかなか立てられない私にはぴったりのスタジオなのです。朝7時~夜10時まで毎時間やっているなんて便利じゃない?

 

「FEELCYCLE」に行った夜に夕食に気をつけてお酒を飲まないと、私の場合は-0.5kg減ります。でも、結局毎晩ビール飲んでいるので、通ったり通わなかったりする私の痩身効果は、まだありません……。しかーし、子供の夏休みが終わったら毎日通ってみたいと思ってる。

 

「こっきんマッサージ」というのは、マッサージクリームを使って顔の表情筋を刺激するセルフマッサージなのだけど、これを続けると顔がすっきりとするのだ。

f:id:sakuyakonohana-sk:20170823161436j:plain

↑MAMEW『CLEANSING & MASSAGE』はこっくりとしたテクスチャーなのにするするとよくのびてクレンジングとマッサージにぴったり。洗い上がりのさっぱり感が気持ちいい

 

マッサージに永続的なリフトアップ効果はない。ただ、やったときは顔がシュッとするので、毎日やり続けるとフェイスラインはすっきりすると思う。

 

とはいえ、毎日続けられないのが私。なので、こっきんマッサージのなかでも特に気にある顎のたるみに特化した部分だけ夜のクレンジング時にしている。

 

顎のたるみを防ぐ「こっきんマッサージ」

(1)ひとさし指と中指をコの字に曲げて顎をはさみ、くるくると耳の下までマッサージする

f:id:sakuyakonohana-sk:20170823165508j:plain

(2)ひとさし指と中指にエラをはさみ、耳の下から顎を通り、もう片方の耳下まで指を滑らせる

f:id:sakuyakonohana-sk:20170823165536j:plain

上記を5回ずつやっていると顎のラインがすっきりとするのでオススメ。

 

毎日マッサージが続けられない人は、メイクをクレンジングする際に、テキトーに肌をくるくるとマッサージするだけでもよいと思う。

 

ちなみに、こっきんマッサージをフルでしばらく続けたときに、「あれ、なんか顔やせた? 白くなった?」と友達に言われたことが。フルマッサージは以前、cafeglobeでご紹介したので読んでみて下さい。

www.cafeglobe.com

いままで暴飲暴食しても肌が荒れたことなんてなかったのに……。ほんっとに痩せなくなったし……ありえない忘れ物もするし……これが老いるってことかぁ……。

 

 

 

 

アン・ハサウェイ映画「シンクロナイズドモンスター」がメタフォリックな話。

www.youtube.com

f:id:sakuyakonohana-sk:20170811020619j:plain

 (C)2016 COLOSSAL MOVIE PRODUCTIONS, LLC.

11月3日(金)に公開されるアン・ハサウェイ主演の『シンクロナイズドモンスター』の試写会に行ってきました。

 

映画のジャンルを曲げまくったストーリーであえてジャンルをつけるならば、「怪獣ロマコメサスペンス」!? 

 

アン・ハサウェイが演じるグロリアは、職ナシ、家ナシ、彼氏ナシというダメダメ女。NYCのWebライターだったのに、ちょっとしたジョークで書いた記事が炎上してリストラにあってしまい、それから酒浸りの毎日。同棲していた彼氏のティム(ダン・スティーヴンス)に愛想をつかれ家から追い出される始末。行く所のないグローリーは、しぶしぶ田舎に帰ってバーのウェイトレスとして働き始めます。そんなときに、突如として韓国・ソウルに現れた怪獣。グロリアは怪獣の秘密に気づき……。

 

突拍子もない物語なんだけど、登場人物や部屋の様子などにメタファーがレイヤードされています。

 

ネタバレになるので詳しくは書きませんが、まず、グロリアのもつ”輝かしい”という名前の意味、そしてグロリアを助ける同級生のオスカー(ジェイソン・サダイキス)のもつ”アイルランドの伝説に登場する万能の戦士”という名前の意味が、どちらかというと人生負け犬感たっぷりの二人のキャラクターと真逆なのがアイロニック。

 

オスカー、ティム、オスカーの部屋、怪獣、存在感のないオスカーの友達、ラストのバトルがなにを示唆しているのか考えながら観るととてもおもしろい! ひょっとしたら観る人によって、メタファーの受け取り方が変わってくるのかもしれません。

 

また、製作総指揮者がアン・ハサウェイというのも彼女の並々ならぬ意欲を感じます。というのも、ネットで炎上したグロリアと同じく、アン・ハサウェイも『レ・ミゼラブル』でアカデミー助演女優賞を受賞したあたりから、ことあるごとにネットでバッシングされていたから。受賞スピーチがわざとらしい、優等生的発言がウザい、とかなんとか。

 

10年ぐらい前にアン・ハサウェイをNYのレストランで見かけたことがありますが、「こんな天使みたいな人がいるのか!」と心の底から驚きました。とにかく細くて真っ白で顔の半分が目!? 全身からキラキラがほとばしってそれはそれは眩しかったこと! しかも連れている男はお金もちそうな超イケメンだし!(その彼は当時付き合っていたラファエロ・フォリエリで詐欺罪で逮捕されちゃったけど)

 

アメリカの名門ヴァッサーカレッジに通うぐらい知性が高くお金もちで、キレイで演技も上手いし(後にNYUにトランスファーしたみたいですが)、ミュージカルもプロデューサー業もこなし、結婚して子供もいるなんて、確かにキラキラ女子すぎる。

 

しかし、ナタリー・ポートマンも同じくスーパー女子だけど、なぜアンのほうが叩かれるんだろう? ナタリーのようにハーバードじゃなくって、元セブンシスターズ(家柄がよくて優秀な子女が入学する女子大7校。ヴァッサー大は共学化)を選ぶところがキラキラ女子って感じで鼻につくのだろうか。

 

余談ですが、私がフィラデルフィアに住んでいたときに、セブンシスターズのブリンマーカレッジ(津田梅子が留学したところっす)に通っている女の子を何人か知っていたけれど、実家はお金持ちなのにわざわざ貧乏くさい格好をする子が多かった。それは"控えめ”というのじゃなくて、自分たちがエスタブリッシュメントに属していることに少し反発しているフェミニストという風に私は捉えていました。「キラキラ組で一生生きていくのは自分でも確信しているけれど、面と向かってキラキラするのは恥ずかしい」というような。ちょっとワザとらしい。え? 庶民のひがみ? そうかもしれません(笑)。

 

とにかくこの映画は、アンが自分自身を投影してSNSの世界にFワードを突きつけているようにも感じられたりして(笑)。

 

いかようにも読み取れる本作。男性社会から女性自身にパワーを取りもどすフェミニスト映画としても楽しめるんじゃないかな。女性の自立、再生、SNS、こういったシリアスなテーマを、サスペンスフルでユーモラスな怪獣映画に仕上げちゃうところにナチョ・ビガロンド監督の力量を感じました。おすすめです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

弘法も筆を選びます!? メイクブラシのコノ話

f:id:sakuyakonohana-sk:20170801000028j:plain

4歳から書道を嗜んできたけれど、上達してからは子供のくせにやたら高価な筆を使っていたっけ。なぜなら私の先生曰く、「弘法も筆を選びます」。

 

確かに、高級な筆は書きやすく持ちやすく、仕上がりが違う。

 

メイクもきっとそう。ブラシの選び方で絶対にフィニッシュが違ってくるのだ。最近、MAMEWブラシの優秀さに気がついた。

 

一番のお気に入りはポアレスブラシとホルダー式リップブラシ。

リップ用ブラシ|MAMEWホルダー式リップブラシ|MAMEWオンラインショップ

f:id:sakuyakonohana-sk:20170801000147j:plain

とにかく筆がやわらかいのにこしがあり、肌にぴったりとくっつく。

筆先が平らなので肌の凸凹にもきちんと入り込む!

平らなのに毛先が丸くカットされているので、全然痛くないんです!

 

そして柄が長いから握りやすくて、私のようなメークアップアーティストではない素人にはあってると思う。

 

化粧ブラシ|MAMEWポアレスブラシ | MAMEWオンラインショップ

特にリップブラシはコンシーラーブラシとしても使えるので便利。

 

ほかにも資生堂、PLAYLIST、サンローランのブラシはお気に入り!!!

 

おすすめブラシについては、よろしければコチラの記事をご覧ください↓

 

www.cafeglobe.com

ファンデブラシの選び方について↓

www.biranger.jp

ではでは~!

お子様がいる方、ザ・夏休みをなんとか乗り切りましょう!!!

 

「骨筋メイク」によって初めて知った本当の顔。

f:id:sakuyakonohana-sk:20170726220546j:plain

大好きな映画X美容、映画Xファッションをかけあわせたコラムを書いておりますが、もともと私はNYの大学でファッション&コスメマーケティングを勉強したんです。

大学卒業後は化粧品メーカーで働きましたが、実際のメイクは定期的な社内研修で習っただけ。とはいえ、仕事上、有名なメイクアップアーティストさんのお仕事ぶりを拝見したり、商品開発にかかわるマーケティング業務に携わったりしたことから、メイクアップスキルはないながらも化粧品に関する知識だけはありました。

コスメ耳年増なくせに、自分のメイクには100%自信がない、メイク理論を体系的に習ってみたい、と思っていた矢先に取材で知った『MAMEW 骨筋メイク』。

40ほどある顔のポイントをラインで結んでいくと、自分の顔バランスを客観的に判断できるのです。

 

詳しくは、私が体験した記事を読んでみて↓

www.biranger.jp

この骨筋メイク理論による自分の顔バランスといわゆる黄金比率を比較して、自分の骨格や筋肉のゆがみを把握します。そして、それらを目立たせないような錯覚メイクで自分の顔バランスを黄金比率に近づけるという理論。

例えば、左側の頬が右側のそれよりも下がっているならが、左側のチークを右側より高く濃いめにのせて、左側の頬のたるみを目立たせなくする。眉毛と目の位置が離れているならば、眉毛の上側ではなく下側をかき足して眉毛と目の位置を近づける……などなど。

f:id:sakuyakonohana-sk:20170726220637j:plain

↑レッスンでもらったカウンセリングシート

 

骨筋メイクのトレーニングを受ける前は、自分の顔は額が狭い丸顔だと思い込んでいた私。それが、骨筋メイクのガイドラインによると、私の顔は卵型で額もごくごく標準サイズだったのです。丸顔と狭い額を隠すようなヘアやメイクをずーーーっと心がけてきたつもりだったのに、長年のコンプレックスが実は主観的なものだったとは目から鱗!

感激した私はMAMEWの骨筋メイクトレーニングを受けさせてもらい、いまや骨筋メイク公認アドバイザーとして活動できるようになりました。

 

仕事柄、ラッキーなことに様々なブランドの新製品を試す機会があります。そのなかでも気に入った製品についてレビュー記事を書くのがとても楽しい! そして、骨筋メイクに基づいたHow Toも日々勉強しながら書いています。

化粧崩れが気になるシーズンで、私がMAMEWの製品で愛用しているのは『エッセンス フィニッシュパウダー クリアグロウ』3,240円(税込)。

f:id:sakuyakonohana-sk:20170726220336j:plain

化粧下地の後に、大きなブラシでふんわりと薄くのせます。その上にパウダーファンデを重ねると、パウダーファンデのモチが劇的によくなるんです。毛穴が気になる方は、パウダーファンデの後にも、もう一度『エッセンス フィニッシュパウダー クリアグロウ』を重ねると毛穴が目立ちません。粒子が小さなパールが入っているので、薄くつけるとパウダーファンデ前後両方につけても厚塗りにならないんですよ。

 

自分のメイクをおさらいしたい方は、一度MAMEWのサロンでレッスンを受けてみるのもよいかも!

mamew.jp

 

 

 

青春時代の思い出が甦る、「ダイアン・レイン」インタビューこぼれ話。

f:id:sakuyakonohana-sk:20170628085028j:plain

中学生のとき、何の雑誌が一番好きだったかっていうと、『ROADSHOW』と『SCREEN』。女子校でモテに興味もない(モテなかったからなんだけど)私は洋画スターに思いを馳せてたっけ。

両誌ともに毎月、人気スターランキングを集計していて、女性版の1位と2位は必ずダイアン・レインジェニファー・コネリー。私はジェニファー・コネリーよりもダイアン・レインのほうが好きだった。ジェニファー・コネリーは妖精みたいだったけれど、ダイアン・レインはブラットパックを相手にキュートでセクシーな生身の女の子だったから。アウトサイダーランブルフィッシュ、ストリートオブファイヤー、ビッグタウン、コットンクラブ……10代のころ観た映画ってなぜか強烈だよね~。

でも、まさか、まさか、憧れのダイアン・レインのインタビューをさせてもらう機会があるなんて、嬉しすぎる、でも緊張しすぎる展開!

今日は、7月7日に公開される『ボンジュール、アン』で来日したダイアン・レインとのインタビューのこぼれ話をしようかと思います。

 

f:id:sakuyakonohana-sk:20170628085055j:plain

 

f:id:sakuyakonohana-sk:20170628085118j:plain

実物はびっくりするほど細い!

日本人の芸能人でも間近でみると骨格の細さにびっくりしますが、ハリウッドスターだって同じ。めっちゃ骨が細い! 52歳だそうですが、二の腕なんて引き締まっていて、お尻なんかはキュップリッ。身体は細いのに~。

しかも、身長は170cmのはずなのに、椅子に座ると158cmの私よりも目線が低いってどういうこと!?笑 そして写真や映画で観るよりもずっと目鼻立ちがくっきりとしてとにかく美しかった。

 

f:id:sakuyakonohana-sk:20170628085135j:plain

カメラマン女性の背中に手を……

撮影の打ち合わせ中カメラマンの女性に、「あら。あなたキレイ! 写真を撮られる側にいるべきよ!」と彼女の背中にそっと手を添えたダイアン。たぶん、緊張をほどくためのスキンシップだったと思うのだけれど、自分よりずっと未経験のスタッフにまで気を使うなんて、さりげなく人の心を掴んじゃうところが大スターたる所以なのかな。私が質問したときでさえ、「あなたの質問は美しいわね!聞いてくれて嬉しいわ。ありがとう」なんて言ってくれたんですよ。

 

f:id:sakuyakonohana-sk:20170628085154j:plain

映画『ボンジュール、アン』

この作品は、エレノア監督は6年もかかって創り上げた、女性による女性のための映画。ダイアン・レイン演じるアンが、多忙な映画プロデューサーの夫と巣立った子供の狭間で自分自身の人生に向き合う、南フランスを舞台にしたロードムービーです。エレノア監督とコッポラ監督夫妻はまさにこんな感じだったのかな~。

f:id:sakuyakonohana-sk:20170628085216j:plain

エレノア監督は、夫のコッポラ監督と結婚する前は映画製作に携わってきました。でも、結婚後は、夫の仕事と育児に忙殺されて自分のクリエイティビティを活かす時間がなかったことに悩んだ数十年間だったそう。自分自身の人生を生きることについて悩んでもがいたエレノア監督の想いが詰っています。思いもかけないエンディングとダイアンの演技が素晴らしいんですよ~。

 

よかったら、インタビューの詳細はcafeglobeの記事を読んでくださいね!

www.cafeglobe.com

f:id:sakuyakonohana-sk:20170628085308j:plain

「今回は日本を楽しむ時間がなかったけど、また日本に来たいわ」と最後に言っていたエレノア監督。ぜひ、また来日してほしい~!!!

 

 タイトル:『ボンジュール、アン』
公開表記:7月7日(金)、TOHOシネマズ シャンテ他にて全国ロードショー
配給:東北新社 STAR CHANNEL MOVIES
クレジット:the photographer Eric Caro