「映画で美活する」映画美容ライター此花さくやのコノ話

大好きな映画・美容・ファッション・プライベートで感じるコトを綴っていきます。

働き女子はマネしたい!? 公開中「アラビアの女王」にみるファッション

f:id:sakuyakonohana-sk:20170123095306j:plain

今日は、先日21日にワシントンDCで行われた『女性のマーチ』と同日公開になったニコール・キッドマン主演の映画『アラビアの女王 愛と宿命の日々』のコノ話です。

『女性のマーチ』にふさわしいこの映画。なんといっても、女性が主役! ロバート・パティンソン、ダミアン・ルイスジェームズ・フランコといった個性派で名高い俳優陣が完全に脇役に徹しちゃっているから、まさに女性のための映画です。

 

■“アラビアの女王”って知ってた?

ガートルード・ベルについて皆さんはご存知ですか? “アラビアのロレンス”ことT.E.ロレンスに関しては映画や本で知っている方は多いハズ。私も映画『アラビアのロレンス』や神坂智子さんの漫画『T.E.ロレンス』が大好きで、ほかにも何冊か本を読んだことがあるのですが、ベルについてはまったく知りませんでした!

なんと、アラビアのロレンスよりもずっと前にアラビアの砂漠で活躍していたのだとか! 

ベルはヴィクトリア朝に鉄鋼王の娘として生まれ、オックスフォードを卒業した才女。でも結婚以外の道を模索してアラビアの地へ赴き、“トラベラー”、“考古学者”としてシリア断行どころか世界一周の旅までも果たします。上流階級の女性でも結婚しか選択の余地がなかった時代に、ひとり旅(もちろん案内人はいますが)を決行してエッセーを書くなんでめちゃくちゃスゴいんですが、それだけじゃないんです!

f:id:sakuyakonohana-sk:20170123095418j:plain

その知識と行動力を買われてイギリス諜報員として活躍したり、オスマン帝国からベドウィン(アラブの遊牧民族)を解放したり、イラクの国境を画定したりなど、素晴らしいキャリアを築き上げたんです。様々なアラブの部族との深い交流や理解から、アラブの民からも“砂漠の女王”と親しまれるほどに。

芯の強い優雅な表情で私たちを魅了するニコール・キッドマンの演技ですが、作中でみるベルの衣装も見所! 特にベルのファッションが、キャリアアップと共に変化していくのが興味深いんですよ~。

 

■ファッションの変化も見所!

f:id:sakuyakonohana-sk:20170123095446j:plain

ブローチ、ベルト、ヘアアレンジ、可愛いですよね~!

 

ヴィクトリア朝では“白の衣装”は上流階級の証。洗濯機もなかった時代に“白”で装うのは、使用人がいるお金持ちの特権だったから。

結婚以外の道を模索してテヘランにやってきたときのベルはオールホワイトコーデ。乙女心をくすぐるホワイトコーデがとっても清楚なのですが、キャリアを築いていくうちに、ブラックのトップスや紺ジャケットを着用するように。まるで働き女子が出世する様をみるみたいなんです。

ヘアアレンジ、ストール、ベルト使いなど、今の時代にもマネしたいオシャレテクがつまっていますよ~!

f:id:sakuyakonohana-sk:20170123095540j:plain

 

ストールテクについては小学館『美レンジャー』で書いているので、よろしければご覧下さいね。

【映画で美活!】実は使える「アラビアの女王」に学ぶストールテク

 

さらに、砂漠の部族の心をつかむベルのコミュニケーションスキルも働き女子はお手本にしたいところ! 

f:id:sakuyakonohana-sk:20170123095613j:plain

 

小アジア、シリア、アラビア、ユーフラテスへの探検……ベルを突き動かしたのはなんだったのか!?

 

その答えはこの映画をみて! 

 

映画『アラビアの女王 愛と宿命の日々』はベルの活躍と切ない恋を描いた壮大な大河ドラマ。雄大なアラビアの絶景と優美な音楽は、わたしたちを中東ロマンへと導いてくれます。慌しい毎日を送る女性の皆さん、この映画でひと時の冒険を味わってくださいね~。

 

【画像】

※ ©2013 QOTD FILM INVESTMENT LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

 

【参考】

映画『アラビアの女王 愛と宿命の日々』公式サイト – 2017年1月21日(土)新宿シネマカリテ、丸ノ内TOEIほか全国順次公開

 

【配給】

※ ギャガ・プラス