「映画で美活する」映画美容ライター此花さくやのコノ話

大好きな映画・美容・ファッション・プライベートで感じるコトを綴っていきます。

イベントで見た!ロバート秋山扮する「Yoko Fuchigami」からファッションを学んだ話。

f:id:sakuyakonohana-sk:20170323232326j:plain

こんにちは。映画美容ライターの此花さくやです。

 

先日、4月下旬に発売されるパナソニックの新製品『衣類スチーマー』のローンチングイベントで、初めてYoko Fuchigamiさんを生で見てきました。

 

パリとバリのコレクション"のみ”で驚異的に活躍するYoko Fuchigami。イベントでは深~いお言葉を連発。

 

パナソニックの方がくしゃくしゃのシャツのシワを『衣類スチーマー』を使ってのばそうすると、Yokoが止めに入ります。

 

「あなたはファッションをわかってない。シワはね、生きてるって証なの。シワがない洋服なんてファッションじゃない」と。(←イベントがおもしろすぎて、録音してなかったので、正確なフレーズじゃないかもしれません)

 

いやいやいや、この言葉、結構深くないですか?

洋服の話? 人生の話? 整形の話?

 

メタファー効かせてる、Yoko?

 

Yoko Fuchigamiがよく言うのは、

「ファッションには3つ以上のストーリーがなきゃダメ」。

 

「おばあ様からいただいたパールのネックレス」とか、

 

カール・ラガーフェルドのシャネルじゃなくって、ココ・シャネルが健在だったころのシャネルのヴィンテージブラウス」とか、

 

「昨日食べた焼肉の臭いが染み付いているコート」とか、

 

とにかく、何かしらストーリー性が最低でも3つ以上存在しているスタイルじゃないと、ファッションではないのだとか!

 

「ひょっとしたらロバート秋山は、Yoko Fuchigamiのキャラを通して、メタフォリックで社会風刺的なメッセージを送っているのでは!?」なんてしばらく考えてしまいましたよ。

 

「20歳の顔は自然から授かったもの。

30歳の顔は自分の生き様。

だけど50歳の顔には、あなたの価値がにじみ出る」

という、ココ・シャネルの名言が頭によぎりました。

 

 

恐るべし、Yoko Fuchigami……。