「映画で美活する」映画美容ライター此花さくやのコノ話

大好きな映画・美容・ファッション・プライベートで感じるコトを綴っていきます。

「骨筋メイク」によって初めて知った本当の顔。

f:id:sakuyakonohana-sk:20170726220546j:plain

大好きな映画X美容、映画Xファッションをかけあわせたコラムを書いておりますが、もともと私はNYの大学でファッション&コスメマーケティングを勉強したんです。

大学卒業後は化粧品メーカーで働きましたが、実際のメイクは定期的な社内研修で習っただけ。とはいえ、仕事上、有名なメイクアップアーティストさんのお仕事ぶりを拝見したり、商品開発にかかわるマーケティング業務に携わったりしたことから、メイクアップスキルはないながらも化粧品に関する知識だけはありました。

コスメ耳年増なくせに、自分のメイクには100%自信がない、メイク理論を体系的に習ってみたい、と思っていた矢先に取材で知った『MAMEW 骨筋メイク』。

40ほどある顔のポイントをラインで結んでいくと、自分の顔バランスを客観的に判断できるのです。

 

詳しくは、私が体験した記事を読んでみて↓

www.biranger.jp

この骨筋メイク理論による自分の顔バランスといわゆる黄金比率を比較して、自分の骨格や筋肉のゆがみを把握します。そして、それらを目立たせないような錯覚メイクで自分の顔バランスを黄金比率に近づけるという理論。

例えば、左側の頬が右側のそれよりも下がっているならが、左側のチークを右側より高く濃いめにのせて、左側の頬のたるみを目立たせなくする。眉毛と目の位置が離れているならば、眉毛の上側ではなく下側をかき足して眉毛と目の位置を近づける……などなど。

f:id:sakuyakonohana-sk:20170726220637j:plain

↑レッスンでもらったカウンセリングシート

 

骨筋メイクのトレーニングを受ける前は、自分の顔は額が狭い丸顔だと思い込んでいた私。それが、骨筋メイクのガイドラインによると、私の顔は卵型で額もごくごく標準サイズだったのです。丸顔と狭い額を隠すようなヘアやメイクをずーーーっと心がけてきたつもりだったのに、長年のコンプレックスが実は主観的なものだったとは目から鱗!

感激した私はMAMEWの骨筋メイクトレーニングを受けさせてもらい、いまや骨筋メイク公認アドバイザーとして活動できるようになりました。

 

仕事柄、ラッキーなことに様々なブランドの新製品を試す機会があります。そのなかでも気に入った製品についてレビュー記事を書くのがとても楽しい! そして、骨筋メイクに基づいたHow Toも日々勉強しながら書いています。

化粧崩れが気になるシーズンで、私がMAMEWの製品で愛用しているのは『エッセンス フィニッシュパウダー クリアグロウ』3,240円(税込)。

f:id:sakuyakonohana-sk:20170726220336j:plain

化粧下地の後に、大きなブラシでふんわりと薄くのせます。その上にパウダーファンデを重ねると、パウダーファンデのモチが劇的によくなるんです。毛穴が気になる方は、パウダーファンデの後にも、もう一度『エッセンス フィニッシュパウダー クリアグロウ』を重ねると毛穴が目立ちません。粒子が小さなパールが入っているので、薄くつけるとパウダーファンデ前後両方につけても厚塗りにならないんですよ。

 

自分のメイクをおさらいしたい方は、一度MAMEWのサロンでレッスンを受けてみるのもよいかも!

mamew.jp