読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「映画で美活する」映画美容ライター此花さくやのコノ話

大好きな映画・美容・ファッション・プライベートで感じるコトを綴っていきます。MAMEW骨筋メイク®️公認アドバイザーとしても活動中!

3月3日公開!映画「ラビング」で思い出す、アメリカ・バージニアでの高校留学

アカデミー賞主演女優賞ノミネート 映画 高校留学

f:id:sakuyakonohana-sk:20170216005431j:plain

つい60年前まで、アメリカのバージニア州では異人種間の婚姻が違法だったのをご存知ですか?

バージニア州の高校に通った私には、ちょっと頷ける話かも。私がバージニアに住んだのは交換留学生としてたったの1年間。湾岸戦争が勃発した頃でした。

 

■実際に通ったバージニア州の高校は・・・

私が通った公立の高校は州内で4番目によいとされている学校でした。ざっくりと学校の60%が白人、39%が黒人、1%がアジア人で占められていたと思います。(←かなりテキトーに言っています)ラテン系がいたかもしれませんが、覚えていません。

 ちょうど、新学期から入ったのですが、いきなり“ぽ~ん”とクラスに入れられ、英語が全然聞き取れない私は、本当になにが起こっているかもわからず、とにかくテンパっていました。アメリカの公立の高校は、大学のように授業によって教室が移動するので、自分のクラスや担任教師というのもなく、スクールカウンセラーに言われるがままに選択したクラスへ移動するのがやっと……。

 やたらでっかい学校だったので、教室の場所さえもよくわからず、半べそをかきながら校内をさまよっていたので、毎回遅刻。遅刻したら当然、罰があるわけで……。しかし、それが“罰”だとも分からず毎日“Detention Room”に送られていました。

 Detention Roomというのは、校則を破った問題児が閉じ込められる“自習室”のことだと理解できたのは1ヶ月ぐらい経ってから。この自習室に入れられると、クラスに出席できず自習をさせられます。ランチの時間になると、問題児が列を組んで先生にカフェテリアに連れていかれるという仕組み。

 そのDetention Roomから問題児たちがカフェテリアに入ると、皆がひそひそと笑うんです。言葉がわからなくても、からかわれたり、ばかにされたりはハッキリ分かるから不思議ですよねー笑。

 まぁ、半年ぐらいたって英語がちょっと話せるようになってからは、友達もやっと出来て、Detention Roomを卒業することができましたが、長い冬だった……。

 本題に戻りますが、この学校のカフェテリアで驚愕したのは、人種別に生徒が完全に分かれて座っていたこと! カフェテリアの半分白人、残り半分黒人、そして隅にアジア人がご飯を食べていたんです。

 別に人種別に対立していたわけじゃないし、異人種間のカップルもたくさんいたけれど、アメリカに巣食う根深い人種問題を実際に体験したのは、このときが初めてでした。1990年代だったのにね~。

 というわけで、3月3日に公開される映画『ラビング 愛という名前のふたり』の南部の土地柄には、日本人の私でもちょっと共感できたんです。

 

■日常に疲れた奥様方、必見! 映画『ラビング 愛という名前のふたり』

f:id:sakuyakonohana-sk:20170216005508j:plain

『ラビング 愛という名前のふたり』は1958年のバージニアを舞台にした白人のリチャードと黒人のミルドレッドが、異人種間の婚姻を禁止する法律と戦う話です。

f:id:sakuyakonohana-sk:20170216005553j:plain

ふたりは異人種間でも結婚できるワシントンDCで結婚するのですが、バージニアに戻るなり逮捕され、州外へ追放されます。そして、ミルドレッドは、ロバート・ケネディ司法長官宛に1通の手紙を書きます。

f:id:sakuyakonohana-sk:20170216005629j:plain

この映画、なんと実話なんです! しかも、ラビング夫妻の名前はLOVING。

愛という名前のふたりなのに、愛することが罪になっちゃうの?

無骨だけど正直者のリチャードと家族を愛してやまないミルドレッドの二人の静かな苦悩と愛に、心がかきむしられるようでした! 

f:id:sakuyakonohana-sk:20170216005748j:plain

バージニアの自然が素晴らしく、細部までこだわった演出と脚本で物語の一瞬一瞬を美しく紡ぎ出すのは、今最も注目を集める若手監督、ジェフ・ニコルズ

そして、本作でアカデミー賞主演女優賞にノミネートされているルース・ネッガ(ミルドレッド)、リチャードを演じるジョエル・エドガートンの演技は、かなり、神ってます! 特にジョエル・エドガートンがオスカーにノミネートされなかったのが信じられない!!! 作品賞にだってノミネートされるべき珠玉の作品に仕上がっています。

 ついつい見つけてしまう夫の欠点や言うことを聞かない息子への不満で、しょっちゅう愚痴をたれてしまう自分を、この映画のおかげで珍しく反省することができました。そして、同性間の結婚がまだ認められていないことを悲しく感じました……。

 私のようにささいなことで不平不満が溜まっている奥様方、ぜひこの映画をみることをオススメします! 

f:id:sakuyakonohana-sk:20170216005840j:plain

「信じることはパワーです」

「愛は勝ちます」

 

【参考】

映画『ラビング 愛という名前のふたり』公式サイト - 3月3日(金) TOHOシネマズ シャンテほか全国順次ロードショー

 

【画像】

 (C)2016 Big Beach, LLC. All Rights Reserved.